看護師視点♡ピルってどんな薬?避妊や生理を快適に過ごすために知ってほしい話

medicine-pink
The following two tabs change content below.
奏美

奏美

静岡県出身、東京都在住。看護師。アロマテラピー検定1級取得。趣味は、観劇・和装・バイクなど。ぎゃふんと言わせたい人がいる。

みなさんこんにちは!奏美です。
女性のお薬『ピル』 みなさんも1度は名前を聞いたことがあると思います。

試してみたいなと思っても、結局不安になったり、どんなものなのかわからなかったりで、使うまでにならない人多いのではないでしょうか。

今回は、女性の疑問『ピル』についてお話します!

ピルって?

みなさんはピルをどんなものだと思っていますか?
生理をずらすお薬?避妊のお薬?
まずはピルがどんなものなのか効果をお話します。

pill-desk

ピルは一般的に「経口避妊薬」として使用されていて、計画的に内服することでホルモンを調整し、予定外の妊娠を防ぐ効果があります。

また、ホルモンを調整することで生理をコントロールでき、生理不順の改善・生理痛の改善・生理開始日の調整・子宮内膜症の予防や改善など婦人科系の悩みに効果があります。

正しく使用することで女性の悩みを改善することができるお薬なんです。

低用量ピルについて

低用量ピルとは?

take medicine

ピルには2種類あります。
1つ目は基本的に1日1錠を内服してホルモンコントロールしていく低用量ピルです。

これには女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンに似た成分が少量含まれていて、妊娠している時と同じようなホルモンバランスを作ります。

そのため排卵が起こらず妊娠しないという仕組みです。ただ、排卵はなくても子宮内膜を作る機能は止まりません。つまり生理は起こります。

ただ、脳は妊娠していると勘違いをしているため、子宮内膜は排卵がある通常の場合よりも薄くなり、生理がきても出血や生理通が軽く済むことが多いと言えます。

ピルのシートは28錠で構成されています。21錠にホルモン成分が含まれていて、残りの7錠には含まれていません。

成分が含まれていない7日を内服する間に子宮内膜が更新され生理が起こります。もともとのシートはホルモン成分を含む21錠のみで構成されていましたが、飲み忘れがでてしまうリスクを減らし、習慣にしやすくするために成分を含まない7錠を足して28錠になりました。

現在でも21錠のシートもあるので、自分に合ったものを選びましょう。

また、低用量ピルにも1シート内にホルモン量が異なる薬を組みあわせているシートと同じ量の組みあわせのシートがあります。処方してもらうときに病院で相談してみてください。

低用量ピルの効果

生理をずらすにもこの低用量ピルを使用します。生理がきて欲しい日から逆算してピルを飲み始めることでホルモンをコントロールし調節ができます。

生理不順がある場合にもピルの効果で生理を来る日が調節でき、生理を起こすことができるということです。

避妊をしたり生理をずらすためにピルを飲むことで、妊娠できなくなるのではないか不安に思う方もいるかと思います。

ピルを飲んでいる間は妊娠しませんが、内服をやめれば排卵が起きるためその後に妊娠できなくなるということはありません。赤ちゃんにも影響はないと言われています。

望まない妊娠をして赤ちゃんを諦めることよりも、ピルを計画的に使用したほうがみなさんの体・心への負担は少ないと言えるんです。

他には

  • 生理前症候群(生理前のイライラや体調不良)が軽減する
  • 肌荒れが起こりにくくなる
  • 子宮内膜症が改善する
  • 月経困難症が軽減する

といった効果があると言われています。

中用量ピル

Pregnancy-test

つぎに、低用量ピルよりもホルモン成分量が多く含まれている「中用量ピル」です。

これも低用量ピルと同じような目的で使用されますが、低用量ピルでも同じ効果があるので副作用等を考え、低用量ピルから内服を始めることが多いのです。

若い女性に中用量ピルが使用されるのはアフターピルとしての目的が多くなります。

アフターピルとは、避妊に失敗した可能性がある場合に性交渉後72時間以内に内服すると妊娠の確率を下げることができるという物です。

しかし、ホルモン量が多いため体には負担が大きいです。最終手段として捉えておき、日常的には使用しないようにしたいものです。

ピルのデメリット

副作用:体の不調

sick-girl-bed

今まではメリットをお話ししましたが、薬なのでもちろんデメリットもあります。

慣れるまでは、嘔気・不快感・頭痛・乳房の張りが出ることがあったり、微熱が出ることもあります。また、中用量ピルでは症状が強く出ることもあります。

体重が増えるのでは?という方もいるかと思いますが、ピルが直接的な理由で体重が増えることはないと言われているのですが、ホルモンが関係していることから食欲が増加してしまう方もいるようです。

血栓症のリスクが上がる

cigarette-girl

さらに注意したいのは血栓症です。加齢やタバコによって血栓ができるリスクが上がります。リスクを下げるためにも禁煙をおすすめします。

まとめ

ピルは今海外から個人でも購入が可能になっていて医師の診察がなくても購入できてしまいます。しかし、必ず婦人科で診察を受け、どういった目的で使用したいのかを相談、正しく内服できるよう説明を受けましょう。

また、様々な種類があるので体に合わない種類があるかもしれません。そのときにも医師に相談し、自分に合うものを見つけていきましょう。

ピルは、正しく使用することで女性の悩みを改善し、生活を充実させてくれるお薬です。

彼氏と幸せに過ごしたい、毎月の生理の悩みを改善したい…体の悩みは尽きませんが少しでも和らげて楽しく充実した日々を過ごしましょう!

奏美

The following two tabs change content below.
奏美

奏美

静岡県出身、東京都在住。看護師。アロマテラピー検定1級取得。趣味は、観劇・和装・バイクなど。ぎゃふんと言わせたい人がいる。