看護師視点♡子宮頸がんの初期症状は?発症の原因と症状チェック

ぶーけ
The following two tabs change content below.
奏美

奏美

静岡県出身、東京都在住。看護師。アロマテラピー検定1級取得。趣味は、観劇・和装・バイクなど。ぎゃふんと言わせたい人がいる。

若い女性にも発症しやすい疾患の1つである子宮がん
子宮の検査なんて恥ずかしい・怖いと避けている人も多いのではないでしょうか。

女性特有の命に関わる疾患のひとつである子宮がんについてお話ししていきます。

子宮頸がんって?

つき

誰が発症するの?

子宮がんは子宮体がん子宮頸がんにわかれます。
子宮体がんは40歳代以上の比較的高齢の女性に多い子宮がんです。
一方、子宮頸がんは20歳代~40歳代の若い女性にも多い子宮がんです。

今回は子宮頸がんについてお話しします。

どこに発症するの?

子宮頸がんは膣から繋がる子宮の入り口部分で、子宮全体の下から1/3の部分である子宮頸部に発症するガンのことです。

原因は?予防できないの?

子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)が関与すると言われています。
ヒトパピローマウイルスの種類のなかでも16,18,52,58型などが関係します。
現在接種が推奨されている予防ワクチン注射は16,18型のウイルスの約90%に効果があると言われています。

このヒトパピローマウイルスは子宮頸部細胞に異常がない女性の10~20%程度が感染しているといわれています。

ヒトパピローマウイルスに感染していても90%の方は2年以内にウイルスが体外に排出されると言われていますが、
ウイルスが自然に排出されずに感染が続くとガンの発症につながります。

つまり接種が推奨されているワクチンでも予防できるものとできないものがあるということです。
接種後に出現する副作用についてもテレビなどで紹介されてることもありますよね。

ワクチンが直接影響しているのかは詳しく証明されてはいませんが、副作用などもあるので接種するかどうかはメリットデメリットを考えて判断しましょう。

また、若い女性に注意してほしいのは複数人との性交渉がリスクを高めてしまう危険があることです。

性交渉によってヒトパピローマウイルスに感染してしまうリスクがあります。

最初の性交渉の平均年齢が若くなっていることが、子宮頸がんの発症年齢が若くなっている原因とも言われています。

自分だけでなく、パートナーが複数人と関係を持っている場合でも女性へ感染を広げる可能性を高めるので注意が必要です。

症状

female-tired
  • 不正出血
  • おりものの増加・悪臭
  • 腹痛・腰痛・骨盤の痛い
  • 性交痛
  • 尿が出にくい

初期症状はとても気づきにくい小さな変化です。痛みやおしっこのトラブルが出る頃はガンが進行している場合があるので、あれと思ったら受診をおすすめします。

検査って何をするの?

びん
  • 細胞診:子宮頸部の壁をブラシでこすって細胞を取り、顕微鏡で観察します
  • 視診:膣内に検査器具をいれて子宮頸部の状態を観察します
  • 内診:医師が膣内に指をいれて腫れやしこりがないか診ます
  • 画像検査(CT・MRI):ガンが疑われた場合など詳しい検査が必要な時に行います

定期的に検査を受ければ早期に異常を発見することができます

早期発見することで子宮の機能を温存できたり、治療後の予後が変わってきます

ステージと治療

傘
  • 0期
  • Ⅰa・Ⅰb期:ガンが子宮頸部に限局するもの
  • Ⅱa・Ⅱb期:子宮頸部を超えて広がっているが、骨盤壁または膣壁下1/3には達していないもの
  • Ⅲa・Ⅲb期:ガンが骨盤壁にまで達しているもの、または明らかな水腎症や無機能腎をみとめるもの
  • Ⅳa・Ⅳb期:ガンが骨盤腔を超えて広がるか、膀胱・直腸の粘膜をおかすもの

0~Ⅱb期までを早期ガン、Ⅲ・Ⅳ期を進行がんと分けます。

治療は進行期や年齢・全身の状態によって選択していきます。

手術は早期ガンに対して行われ、0~Ⅰa期では子宮の妊娠機能を残すことができる部分切除が可能と言われています。

進行期が進むほど手術で切除しなければならない部分は大きくなり、子宮を残すことが難しくなってしまいます

放射線治療はⅢ~Ⅳ期の進行ガンに行われます。

体力的に手術が困難なⅠ・Ⅱ期の方にも追加療法として行う場合もあります。

他に化学療法等も併用して行うことがあります。

まとめ

うきわ

乳がんに引き続きお話しさせていただきましたが、子宮も女性の体をつくっている大切なものです。

ホルモンの分泌にも関係ありますし、もちろん妊娠・出産に大きく影響します。

私にはまだ関係ないとかなと思っている若い方にも、ぜひ女性の病気や自分の体に興味を持って欲しいなと思います。

年齢や結婚・出産に関係なく、女性として自分の体を知って、大切にしている女性は素敵です!

 

奏美

The following two tabs change content below.
奏美

奏美

静岡県出身、東京都在住。看護師。アロマテラピー検定1級取得。趣味は、観劇・和装・バイクなど。ぎゃふんと言わせたい人がいる。