看護師視点♡冬の紫外線はシミの元?!寒くても正しい紫外線対策

dsc00663
The following two tabs change content below.
奏美

奏美

静岡県出身、東京都在住。看護師。アロマテラピー検定1級取得。趣味は、観劇・和装・バイクなど。ぎゃふんと言わせたい人がいる。

ラブラビッシュ!
LAVISH girlのみなさん こんにちは。

看護師の奏美です。

冬は肌が乾燥してファンデーションがなかなか綺麗にのってくれませんよね…。
夏の日焼けのダメージで肌は疲れているうえに乾燥や冬独特の紫外線のせいでさらにダメージを受けているのを知っていますか?そこで今回は冬の紫外線についてご紹介します。

夏とは違う!冬の紫外線とは?

img_8962

冬の紫外線対策はみなさん何かされていますか?
夏は気をつけていても、涼しくなってくるとついつい忘れがちになってしまいますが、秋から冬にかけての紫外線を舐めてはいけません!

冬はUVBでなくUVAに注意!

まずは、紫外線の基礎知識のおさらいをしましょう。
肌にダメージを与える紫外線には2種類。
日焼けのように短期で直接肌にダメージを与えるUVBと、何年もかけて蓄積しシミなどの原因になるUVAがあります。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-15

これからの寒い季節は、日焼けの原因であるUVB夏場の5分の1になります。しかし、UVAは夏場の2分の1程度とあまり減少しないのです。そのうえ日焼けのように急激な肌のダメージが少ないため、気づきにくく対策を忘れてしまいます。また、日焼けをしておらずメラニンの少ない白い肌は紫外線の攻撃に弱い特徴があります。色の白い人だけでなく、夏より日焼けしていない冬の肌はUVAの攻撃を受けやすくなっているんです。

さらに、秋から冬にかけて乾燥します。乾燥は肌表面のバリア機能を破綻させてしまうので、よりダメージを受けやすくなってしまうのです。

冬の紫外線はダメージを受けやすいうえに気づきにくい非常に恐ろしいものなんです。

本気の!冬の紫外線対策

冬にすべき紫外線対策って?

img_0275

冬の紫外線対策の1つとしては”肌を出さないこと“です。

冬は長袖を着るため腕や脚は覆われているので紫外線の影響は少ないと言われています。しかし、ポイントは顔と首、そして手です。
UVAは曇りや雨の日でもじわじわと降り注ぎダメージを与えます。さらに、窓ガラスなどを通り抜けて肌に届くんです。日差しが暖かいからといってスッピンで窓際は危険です。

顔の対策をしていても、マフラーや手袋をしなければ紫外線を受けてしまいます。年齢が首や手に出るというのは顔以外の紫外線対策をしているかしていないかの違いでもあるんです。

2つめは定番ですが”日焼け止め“です。

みなさんは日焼け止めを選ぶとき何を基準に選んでいますか?
数字の大きいもの、+が多いものを選んでいるかと思います。しかし、それぞれの特徴を知って使用するのが大切です。

SPFとPAの違いですが、SPFはUVBに対しての効果、PAはUVAに対しての効果になります。冬の日常生活ではSPFは20程度で十分だとされていて、PAは+++以上が好ましいです。

日焼け止めの最高値はSPF50、PA+++++なのですが、強いものを使えばいいというわけではありません。数字が大きければ大きいほど肌の負担は大きくなるのです。冬場の日常生活はSPF20、PA+++の日焼け止め、長時間の外出やアウトドアにはSPF50、PA+++以上のものを選びましょう。

さらに化粧品にも日焼け防止効果があるものが増えているのでそれぞれをうまく利用しましょう。

また手を洗ったあとには、日焼け防止効果のあるハンドクリームがオススメです。華奢ですらっと伸びた指をいつまでも美しく保ちましょう。

目からの紫外線で受けるダメージ

img_2650

最近では目から紫外線が入ることで肌へのダメージがあることが注目されています。紫外線が目に入ると、白内障や角膜炎になりやすいとも言われています。

一方で、脳が目に紫外線を受けたことを感じると体内にメラニンを発生させ日焼けやシミになってしまうのです。

目には紫外線の刺激を防ぐ機能があるので日常生活ではそこまでの対策は必要ないと言われているのですが、長時間屋外で過ごす際にはサングラスなどで対策しましょう。

また、メガネコンタクトレンズはUVカット効果のあるものがあるので、探してみるのも良いと思います。

食べ物から紫外線対策

6065f5799b39e4d1dcb6cb3c71dfe130_s

紫外線対策や肌を美しく守るためにはビタミンが効果的というのは有名ですよね。ビタミンは体を元気に保つために万能な栄養素なんですが、摂取方法に少し注意が必要です。

ビタミンといえばみかんやオレンジといった柑橘類を思い浮かべると思います。

しかし、柑橘類はソラレンという日光と反応し肌に刺激を与えてしまう成分を含んでいます。柑橘類のほかにもきゅうりやセロリなどの一部の食材にもソラレンが多く含まれているのです。そのため、ソラレンを多く含む食材やアロマオイルなどは、朝に使うことは控えて、夕方から夜にかけて取り入れることをオススメします。

以上、寒い冬場の紫外線対策でした!
正しく紫外線の対策をしてみんなが憧れる綺麗で真っ白な肌を手に入れましょう‼︎

奏美

The following two tabs change content below.
奏美

奏美

静岡県出身、東京都在住。看護師。アロマテラピー検定1級取得。趣味は、観劇・和装・バイクなど。ぎゃふんと言わせたい人がいる。