なぜブラジャーをするの?セミオーダーブラサロン「All For Me」へ突撃!

DSC_0966
The following two tabs change content below.

雨宮しずく

19歳。食べることが好き。服が好き。将来は「衣」×「食」に携わったことを。

女の子の悩みの一つにブラに関しての悩みがあると思います。

寝る時ノーブラだと胸の形が崩れる」と言われている一方、「ブラをつければ血流が圧迫されて体に良くない」と言われ…

親や友達にもなんとなく相談しづらい内容ですし、どっちが正しいのかいまいち分からなくなって、ちょっとした意見に左右されてしまいますよね。

しっかりと胸の構造を知り”なぜブラを着けるのか”を理解するために、今、大注目のブラのセミオーダーメイドサービスを提供されている「オールフォーミー株式会社」のフィッティングサロンにお伺いし、事業マネージャーのマチルダさんにお話しを聞いてきました。

取材してきてわかった、ブラについて、胸について、を2回に分けてレポートします。

第一弾!そもそもなぜブラジャーをするの?

 

DSC_0928

 

周りがつけ始めたから、なんとなく自分も付け始めたブラジャー。

そもそもなぜブラジャーをつけるのか?つけなければどうなるのでしょうか?

その理由は、ずばり「胸の構図」を知ればよくわかります!
マチルダさんにイラストを使って分かりやすく教えていただきました

胸の構図

スクリーンショット 2017-02-24 13.29.18

こちらの絵は胸を真横から見た断面図です。
一番外側に皮膚があり、一番内側は筋肉がついています。

胸のふくらみの中に筋肉はなく、「乳腺」という母乳を作る器官や、皮下脂肪があります。
この「乳腺」が、実は宙ぶらりんの状態で、それを皮膚や筋肉につなぎとめているのがコラーゲンの繊維「クーパー靭帯」と呼ばれるもの。

この「クーパー靭帯」の特徴として、伸びたり切れたりすると、”元に戻らない” という特徴があります。

胸が垂れる原因は「クーパー靭帯」の損傷

先ほど出てきた「クーパー靭帯」 いきなりすべてが切れることはないですが、
走ったり、スポーツをしたり、日々の生活の中で、胸が動いて中の乳腺が揺さぶられることで少しずつ少しずつ、
「クーパー靭帯」が伸びたり切れたりし、
修復しないそれが積み重なって、胸が垂れる 「下垂」 が起きるのです。

壁に紐でつなげられている風船の紐を1本ずつ切ると、風船が下に落ちていく感じ…。
乳腺が下に落ちていくイメージです。

ブラジャーをつける理由

胸の構図がわかったところで、最初の質問。

「そもそもブラジャーをつける理由」

激しい運動をして、胸が揺さぶられ、中の「クーパー靭帯」が切れるのを防ぐために
しっかりとホールドしてあげる、というのがブラジャーの一番の役割です。

胸の形を崩したくなければ、ブラジャーをしましょうと言われる理由はこれにあります。

ブラ派?ノーブラ派? 実はどっちも正解だった!

images

ブラの話をすると出てくるのが、

「私、寝る時もブラをつけるんです。だって形崩れるじゃないですか」

…というような、ブラをずっとつけておかなきゃ形が崩れてしまうと思っている 『ブラ推奨派』 の意見と、

「ブラをつけるのは体によくないから、普段からノーブラがいいんですよ」

…というような、ブラをつけることは体によくないことだと思っている 『ノーブラ推奨派』 の意見。

実はこの意見、どちらも正解なんです。

ただ、美容面を重視してる意見か、健康面を重視している意見か、の違いです。

『ブラ推奨派』意見

先ほどもお話ししたように、ブラ推奨派の意見としては
胸の形はきれいに保っていこう」というのが第一にあります。

ですが、胸の形が崩れる原因は主に「激しい運動など、胸を動かすことでクーパー靭帯が切れること」にあります。

つまり、”部屋でのんびりしている日” や ”1日中デスクワークをしている時”、”寝ている時” は必要ないわけです。

 

『ノーブラ推奨派』意見

ノーブラ推奨派の意見を上げているのは、お医者さま医療関係者の方が多いです。

胸の周りというのは、大きい血管や、リンパ節が通っていたり、重要な器官が集中しています。
その流れを、締め付けの強いブラで妨げるのは、体によくない、という意見です。

しかし激しい運動をする時もノーブラだと、クーパー靭帯は切れて下垂してしまいます。

ノーブラの状況が適しているのは、”あまり動かない時” ”寝ている時”ですね。

寝る時ノーブラは、形が崩れる!?

ここで出てくる疑問が1つ。
様々な広告で 「寝る時、ノーブラだと脂肪が移動して形が崩れますよ」「形をよくするために寝る時は”ナイトブラ”をしましょうね」などという表現がよくありますよね。本当に寝ている間に胸の形が崩れてしまうのであれば、寝ている時にノーブラなのはよくないのでは、という疑問です。

実は私も、寝ている時ノーブラだと形が崩れる、と思っていた人でした。
ここでマチルダさんがひとこと。

重力で皮下脂肪、移動しません!
重力で移動するなら、体中の皮下脂肪、足に移動してますよ!笑」

ナイトブラは寝ている時の胸の横流れを防ぐのが目的であって、つけないからと言って胸の形が垂れてしまったり胸が流れてしまうようなことはどうやら殆どないようです。

横流れも、日中しっかりとお胸をブラの中に入れてあげれば、問題ありません。

 

ブラとノーブラ、上手に付き合っていこう

日中は、ワイヤー付きのブラでしっかりとホールドしてあげて、「クーパー靭帯」が切れて形が崩れることを防ぐ、美容面に重きを置いて。夜寝る時は、ワイヤーブラを外し、日中締め付けていた分解放してあげて健康面に重きをおく。

ブラとノーブラ、バランスを考えて使い分け、上手に付き合っていって、
美容にも、健康にもいいブラジャー生活を送りましょう。

 

今回の取材先

All For Me(オールフォーミー)

DSC_0952

 

オリジナルのセミオーダーブラジャーを販売。
AAA60〜J100の豊富なサイズ展開、組み合わせ自由に選べるデザイン、自宅で3サイズ試せる試着サービスなど、独自のサービスを提供。また、青山のサロンにてブラやバストのお悩みを解決する無料フィッティングを開催。(ご予約はこちらから) 遠方でサロンにお越しいただけない方にはTwitterのDMによる「遠隔フィッティング」も無料で対応しています。(Twitterアカウントはこちら

マチルダさん

DSC_0965 (1)

 

アパレル数社を経て、現在はAll For Meの事業マネージャー兼ブラジャーのフィッティングアドバイザー。500名以上のブラや胸の悩みを解決し、Twitterでは「乳神様」と呼ばれる。

 

The following two tabs change content below.

雨宮しずく

19歳。食べることが好き。服が好き。将来は「衣」×「食」に携わったことを。